CATEGORY

国内ニュース

【三浦瑠麗氏】夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」

1: クロ ★ 2023/01/27(金) 14:30:12.83 ID:ke5BGDvm9  多くの炎上発言で、たびたび世間を賑わせてきた国際政治学者・三浦瑠麗氏(42才)。このたび、夫の清志氏(43才)に「10億円投資詐欺トラブル」が持ち上がり、かつてないほどその周辺は騒然としている。豪華絢爛な私生活は、一体何に支えられていたのか──。 【写真17枚】鎖骨下から脇までシースルーの喪服を着た三浦 […]

【実験研究】コロナワクチン接種者の未接種者に対する差別的態度は移民に向けられる差別に匹敵「ただ乗り(フリーライダー)は許せない」

1: クロケット ★ 2023/01/27(金) 15:34:03.94 ID:1WZI8uBq9 新型コ〇ナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックでは、ワクチン接種が十分に可能な国であっても、ワクチン未接種者の集団が相当数、存在し続けている。 その結果、ワクチン接種は物議を醸す話題となり、抗議行動まで巻き起こしている。 今回我々は、COVID-19ワクチンの接種状況によって定義されるさ […]

【政府】新型コロナ、5月8日に「5類」に変更へ マスク着用は個人の判断に

1: 七波羅探題 ★ 2023/01/26(木) 21:44:22.38 ID:R9pPbire9 政府は26日、新型コ〇ナウイルスの感染症法上の分類を5月8日に季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げる方針を固めた。27日に開かれる厚生労働省の感染症部会での議論を経て、政府の対策本部で正式に決定する。マスクの着用は、屋内外を問わず、原則として個人の判断に委ねる方針だ。 岸田文雄首相が26日、 […]

【独自】特捜部が追い込む「三浦瑠麗氏の夫」弁護士は統一教会の現役信者で顧問弁護士の福本修也弁護士だった ★6

1: 木枯し ★ 2023/01/25(水) 12:52:29.52 ID:Xid1FFgj9 東京地検特捜部は1月17日、太陽光発電などを手がける投資会社「トライベイキャピタル」(東京都千代田区)などを突然家宅捜索した。同社は衆議院第一議員会館の目の前のビルに本社を置く。同じフロアに「山猫総合研究所」という会社が入居しているが、この会社で代表を務めるのは政治学者・三浦瑠麗氏だ。 三浦瑠麗氏の夫・ […]

【歌舞伎町女子の貧困】ホスト通いする風俗嬢(25)の告白「週6日の鬼出勤と出稼ぎソープで働き詰め。月100万円がホストに消える」

1: クロケット ★ 2023/01/22(日) 12:57:46.53 ID:teTDG1W79 東洋一の繁華街、新宿・歌舞伎町。その華やかな世界の裏で、貧困にあえぐ女性に焦点を当てたルポルタージュ『 歌舞伎町と貧困女子 』(宝島社)が話題を集めている。 コ〇ナ禍の危機的状況から復活した街の主役は、中年男性からZ世代の若者にとって代わられ、売春が日常風景となっていた。 そして“欲望の街”に引き寄 […]

N党・立花党首 懲罰賛成なら暴露ネタ「全部言う」 ガーシー議員欠席めぐり維新けん制

1: 爆笑ゴリラ ★ 2023/01/20(金) 16:21:27.12 ID:FXMbKyHA9 1/20(金) 15:58配信 FNNプライムオンライン NHK党の立花党首は、20日の会見で、同党のガーシー参院議員を批判した日本維新の会の藤田幹事長について、維新がガーシー氏の懲罰に賛成するなら、彼の暴露ネタを「全部言う」とけん制した。 アラブ首長国連邦に滞在しているガーシー氏は、昨年7月の初当 […]

【速報】東京地検特捜部、三浦瑠麗氏の夫が代表の会社を家宅捜索 “10億円投資トラブル”で刑事告訴 ★2

1: 木枯し ★ 2023/01/20(金) 14:31:06.20 ID:T+3M8cWB9  太陽光発電を巡りトラブルになっていた東京都のコンサルタント会社が告訴され、東京地検特捜部がこの会社を家宅捜索していたことが20日、関係者への取材で分かった。会社の代表は国際政治学者の三浦瑠麗氏の夫が務めている。 https://nordot.app/989011104126173184 1月19日、太 […]

【新型コロナ】「ワクチン大国」日本で感染者が増加 医師は「接種すればするほど感染しやすくなる可能性」指摘 ★2

1: ぐれ ★ 2023/01/18(水) 17:11:14.96 ID:d2UJ6GJ39 >>2023.01.16 19:00  女性セブン ワクチンはコ〇ナ禍における感染拡大の切り札と目されてきた。しかし、ここへきて目を覆いたくなるデータが次々に報告されている。接種率が高い国こそ、感染者数が増加している。ワクチン接種について、もう一度考える時期にきているのかもしれない──。 3年 […]